清潔な環境の維持

イメージアップにも貢献

掃除

オフィスを持つ企業にとって清掃は重要な作業の1つであり、美しい環境の維持は仕事効率にも影響を与えます。
当番制で実施する企業も存在しますが、スタッフの残業や人件費を考慮した場合、オフィス清掃サービスへの依頼がベストです。
不公平な状況が発生せず、本来の業務に集中できますので、オフィス清掃は経営側が率先して手配するべきでしょう。
また、オフィスの汚れは一般家庭と全く異なるため、プロの技術や経験と機器が必要となります。
オフィス清掃サービスが入っているか否かは一目瞭然であり、職場環境の維持だけでなく企業のイメージも良好になると評判です。
例えば来客時に清掃作業を行っていても失礼には当たらず、むしろ清潔なイメージ定着のメリットも得られます。
オフィス清掃の多くは、希望に合わせたカスタマイズが可能となっており、ムダなコストが発生しない点も好評です。
コンクリートやじゅうたんなど材質に合わせた床清掃のほか、デスクやトイレと窓など細かな部分の作業も依頼できます。
清掃範囲や内容によって料金は変動しますが、床清掃の一例としては50平米3万円前後で依頼可能です。
通常は100平米や500平米といった区切りが設定されているため、面積が広い分だけ割安になるシステムとなっています。
日中に清掃できない場合は夜間となりますが、通常料金の1.5倍程度が目安です。
また、定期契約でお得になるオフィス清掃サービスも数多く存在し、契約方法によって料金が調整できます。

清掃業者はパートナー

清掃用品

お店やオフィス清掃を行うとき、どのような業者を選んでいるでしょうか。
オフィス清掃はそこで働く社員だけではなく、来客者に良い印象を与えることができる大切な業務です。
もし、実際に依頼する場合には、清掃業者によって得意とする清掃の分野があるということを把握しておきましょう。
なので、まずはオフィスのどの部分を清掃してもらうのか決めましょう。
場所だけではなく清掃に対応してくれる時間も業者によって異なるので、オフィスの営業時間に合う業者を選ぶ必要も出てきます。
どこの業者を選ぼうか迷った時はホームページの取り引き実績をチェックしてみるのもひとつの方法です。
万が一、器物破損が発生したときのことを想定して、損害賠償保険に加入している業者かどうかを確認するのも良いでしょう。
細かな要望に応じてくれる場合もありますが、不当にオプション料金を請求してくる業者も存在するそうなので、いくつかの業者に見積もりを出してもらって比較するのもオススメです。
同じオフィスで働いている限り、外から見れば清掃業者も同じ会社の社員だと思われます。
清掃業者のマナーが悪ければ自社の評判にも影響が出ます。
電話の対応でスタッフの教育がしっかりしているか判断できるので、不明な点などがあれば電話で問い合わせをしてみるのも良いかもしれません。
なお、日々の清掃でキレイさを保てる場所もありますが、外壁など経年劣化が見られる場所は、定期的にオフィス清掃を依頼するのが良いでしょう。

プロならではの掃除技術

窓ふき

会社のビルや建物内といったところは、社員が普段仕事をする中でいつの間にか汚れてしまいます。
社員に掃除をさせるのも一つの方法ですが、それでは業務に携わる時間が短くなってしまうのが難点です。
社員は本来の仕事に集中させ、オフィス清掃は専門の業者に依頼すると効率的に掃除してくれます。
会社の社屋などを中心に掃除してくれるサービスのことを、オフィス清掃と言います。
トレーニングを受けた専門のスタッフが掃除をするため、私たち素人が行うよりも丁寧で素早く結果を出してくれるのが特徴です。
特に汚れを取りにくい場所に関しても適切なノウハウを持っているため、短時間できれいにしてくれます。
掃除以外にも備品の補充などもしてくれるため、非常に便利なサービスです。
このオフィス清掃のサービスを利用するには、初めに業者に連絡して見積もりをお願いするところから始めます。
見積もりではオフィスのフロアの面積や階数に加え、どれぐらいの頻度で清掃を行うのかなどが確認されます。
当然ながら掃除してもらう面積が広いと、料金にも反映される仕組みです。
見積もりが出されたら、それで納得できる場合に契約を交わします。
同時に実際にオフィス清掃が始まるのはいつからなのかが確認され、当日になると清掃スタッフが会社を訪れて掃除を行います。
清掃をお願いする範囲や頻度と言ったものは、契約後の変更も可能です。
初めは限られたフロアのみ掃除をお願いし、実績を確認してから社内の全フロアをお願いするようにすれば、良い業者を選ぶことができます。

清潔な環境の維持

掃除

オフィス清掃はプロの技術と経験で実施され、仕事効率や企業イメージがアップすると好評です。依頼箇所は希望に合わせてカスタマイズでき、ムダが発生しない点も支持につながっています。床清掃の料金一例は、50平米3万円前後です。面積が区切りで設定されているため、広いオフィスでもお得に利用できます。

もっと読む

快適なオフィス作り

社内

新たに会社を立ち上げたり、事務所を移転したりするにあたっては、企業のコンセプトや従業員の満足度を向上させるようなオフィスデザインを考える必要があります。そのためオフィスデザインは自社で考えるよりも専門業者に依頼する方がベターです。

もっと読む

中古品とリースのメリット

オフィスデスク

オフィスデスクは新品を買う以外にも、中古品を購入する、リース品で借りるといった方法もあります。どちらの方法も費用がかからないメリットがありますが、リース品はデスク以外のオフィス家具もセットで借りることができ、中古品は自社の所有となり自由に使えるという点も良いところです。

もっと読む